やってみたい!弾けたらカッコイイ楽器三選!

ドラムはバンドの中心!

ドラムと言えばバンドの中心にあってリズムのキーパーソンです。ギターやベース、キーボードもボーカルもドラムのリズムに合わせて演奏をします。高価なドラムセットを買っても置き場や防音設備なども整えなければならないので手頃な楽器とは言えませんが、派手なカッコ良さというものは他の楽器とは比べものにならないほどあります。ドラムにはシンセドラムという電子音を出せるドラムセットもあります。ドラムを始める際にはどんなドラムセットが自分に合うものなのかよく考えて購入しましょう。

ベースとギターもカッコイイ!

演奏する際にはステージの中央がドラム、左右に分かれてベースとエレキギターが立ちます。ボーカルはベースとギターの間に立ってステージを縦横無尽に動き回ります。何と言ってもボーカルは花形、歌以外にもトークを交えてバンドの紹介や曲の思い入れなども話します。ベースとギターは無口ですが、曲の演奏が始まればアンプからド迫力の音量で観客の熱狂を誘います。ベースやギターのボディーにはデザインが施してあったり形や色にもカッコ良さがにじみ出ます。

高価なモデルを弾きこなそう!

プロのミュージシャンだって初めから楽器を弾けたり、叩けたりした訳ではありません。何年も好きな音楽を練習したり作ったりしているうちに技術をつけてゆくのです。遊びで始めたバンドがいつの間にか本気になっていく場合も多いでしょう。楽器のレベルも中級や上級に達した頃には練習用の楽器から高価なモデルに替え時です。楽器店に行けば楽器の値段はピンキリですが、高度な技を磨けば磨くほど高価な楽器も弾きこなせるようになるのです。

サックスの価格とは手頃な価格設定にされていますので、誰でも気軽に挑戦する事が出来る楽器として人気があります。