おもちゃのコレクションについてまとめました

ロボットアニメのプラモデルは芸術の領域

ロボットアニメのプラモデルは組み立てから塗装までを一つの工程として考えます。仕上がり具合を競う大会まであり、プロのプラモデラーも存在します。ロボットアニメのプラモデルに対する情熱を持ったコレクターは日本中に多数存在します。コレクターは1つのアニメに拘る傾向があり全キャラクターをコンプリートする事を最終的な目標としています。ただ集めるだけではなく、アニメのシーンを再現したポーズを取らせたり、アイテムを自家製で用意します。最早、芸術の域に達しているコレクターもいます。

フィギュア集めは世界でも共通

アニメ、映画に関係なくフィギュアは世界中で大人気です。小さいサイズのものから、人間より大きなサイズのものまで販売されています。つくりも高精度で原作を忠実に再現されています。3Dプリンターの出現により、今後も益々精度の高いフィギュアの出現が期待されます。フィギュアのコレクターも多数おり、ネットオークションでも連日、高値で売買されています。日本では老舗のフィギュア専門の製造会社もあり外国人観光客にもお土産として大人気です。

昭和の時代のおもちゃは価値がある

ブリキ製やビニール製のおもちゃはテレビ番組の影響もあり、コレクターの方は沢山います。彼らは古ければ良いという訳では無く、期間限定発売などの希少性のあるおもちゃや、箱や説明書が新品時同様に残っている状態の良いおもちゃを重視します。また、決して転売目的で収集している訳では無く、完全に自己満足のためです。コレクター同士のネットワークも凄く、情報を共有し合っています。古いおもちゃは専門店まであり、専門の鑑定士まで存在します。

おもちゃの買取をしてもらうことでお金を手に入れることができます。一度購入をしたけれど不要になったものは買い取りして貰うことが出来ます。